【CBDオイルの摂取方法】舌下よりバターコーヒーなど油と一緒に取る方が効果がある

【CBDオイルの摂取方法】舌下よりバターコーヒーなど油と一緒に取る方が効果がある

 

CBDオイルの摂取方法で検索すると、大体(舌の下に垂らして60秒~90秒)置いてから飲み込むのが正しいと書かれていますが、

それだとCBDの効果を発揮できません。

 

CBDは脂溶性(水に溶けにくく油に溶けやすい性質)なので、油と一緒に取る方が本領発揮します。

元々CBDオイルは油と配合されていますが、それでも舌の下からよりも、胃腸から吸収した方が効きます。

 

 

銀座東京クリニックの院長も、それについて説明しています。

(動画内8分10秒~~)

 

実際に試してみれば分かります。

ホットコーヒーに、バターを少量、CBDオイルを適量(個人で要調整)入れて飲んでみてください。私の感覚的には2倍以上の効きを感じています。

 

バターコーヒーにかかわらず、チョコレートなどと一緒に飲んでも大丈夫です。

 

⇓味を損ねない国産の大人気CBDオイル

グリース(Greeus)CBDオイル

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました